日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グローバルCOE、COEサポートを受けていた者として

 身近なことを書くのは控えていたのですが、書けることは書いてしまおうかと思います。なお、僕のところはCOEは採択されていましたがグローバルCOEは採択されませんでした。というか薬学には厳しい結果になっています。
 まず疑問から。生命科学分野なのに基礎医学の分野が結構多い気がします。JSPSのページに「生物科学、農学、薬学 等、その他「生命科学」を主とする複合分野 」と書いてあります。医学系も「生命科学」であることには疑問の余地はないのですが、来年度の医学系の採択はさらに基礎医学分野が採択されるのでしょうか? 負け犬の遠吠えっぽいですが、偏っている気がします。政治的なことがあるのかもしれませんが、一大学院生には良く分かりません。


 COEについて、大したことは書きませんが、サポートを受けていた者として個人的なことを。
 修士のときは特にサポートなどを受けていたわけでは無く、育英会からの借金と薬剤師のアルバイトなどをしていました(仕送りも多少はありました)。このなかから学費、家賃、生活費を出していました。育英会の借金の額自体は、毎月膨れ上がっていたのですが、それほど大きいものではないと思っていたので(働けばすぐに返せると思っていました、この考えは今も変わっていません)特に金銭的に困っているとは思いませんでした。勿論生涯賃金という観点では明らかにマイナスなのですが、大したマイナスだとは思っていませんし、生涯賃金だけを目標に生きるのならばとっくに給料の良さそうな分野(文系?)に行っています。
 そんなこんなで博士課程に進み、COEのサポートを受けるようになりました。現在D3ですが、D1とD2のときは育英会とCOEのサポートが主な収入源でした。収入といっても育英会は返済義務があるので実質的にはCOEのサポートだけでした。返済義務のないお金(は正直ありがたかったです。サポートが無かったら進学をしなかったか?と聞かれたら、「サポートが無くても進学をしていた」と答えるでしょう。しかし、あるか無いかでは精神的にも肉体的にも随分違っていたと思います。修士の時は、薬剤師のアルバイトをした後に夜中実験をしていたのですが、これは結構大変でした。研究科としてどの程度の成果があったのか、これはもう少ししないと分からないのかもしれません。ただ一大学院生としてCOEのサポートは、バラマキだとか何だとか言われていましたが、本当に助かりました。
 D3の今年度は運良く学振の研究員に採用されたので、グローバルCOEのサポートはいずれにせよ受けない予定でした。ただ学振が取れなかった同級生、後輩もいます。グローバルCOEのサポートも受けられないことが決まったので「今後どうなるのか」と心配しています。勿論最初からCOEに採択されていないところの大学院生に比べたら恵まれていると思いますが、途中で梯子を外されたような状態です。同輩はあと一年なのでまだ良いですが、後輩はまだまだ先が長いので大変です。
 現在のM1で、サポートがあるなら博士に行こうかなあ、と言っていた者がいます。何をしに博士課程に行くのかと突っ込みたくもなりましたが、現実的にはそう考えたくもなります。良いとか悪いとか、そういうことは分かりませんが、現実的にそのような状況です。数字として現れるのは、そういう学年の人達が博士進学を決めるころ、すなわち二三年後以降でしょうが。
 別に業績が出ているところにお金が多くまわることは問題ないと思います。ただ裾野が狭いな、と思っているだけです。ただのやっかみかもしれません。本当にチラシの裏にでも書いておくべき文章ですね、我ながらあきれてしまいます。


 あと以前グローバルCOEを「科研費の再分配」と書いたわけですが、学振もその感が否めないと思います。
 うちの研究室はそれほど研究費があるわけではないので、学生が数十万円取ったら喜ばれますが…。
  1. 2007/06/20(水) 20:32:07|
  2. 研究室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エーザイ | ホーム | 一酸化窒素と性周期>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/92-abc95995
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。