日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

癌により鬱になることについて

Peripheral tumors induce depressive-like behaviors and cytokine production and alter hypothalamic-pituitary-adrenal axis regulation
Pyter LM, Pineros V, Galang JA, McClintock MK, Prendergast BJ.
2009 May 18. [Epub ahead of print]

 ちょっと話としては面白いな、と思った論文。本文は家からは読めないのでアブストのみを斜め読み。

 慢性疾患を抱えている人は感情障害をも有するという相関関係がある。しかし、その関係についての生物学的なメカニズムは分かっていない。筆者らはラットを癌にした(癌細胞を移植したのかな?)ところ、うつ傾向や不安様行動を示した。ラットの末梢組織および海馬におけるサイトカインを調べたところ、うつ傾向の行動を惹起することが知られている炎症性のサイトカインが癌細胞移植ラットで上昇していた。また、それらのラットではサイトカインシグナルを阻害するコルチコステロンが減少していた。また、海馬におけるグルココルチコイド受容体の発現量は上昇していた。
 これらの結果から、末梢に存在する腫瘍はそれだけで情動行動を変化させるのに十分である可能性が示唆された。グルココルチコイドに対する応答の低下が、腫瘍により誘導されたサイトカインの情動への作用に影響しているのかもしれない。

・ヘタクソな意訳でごめんなさい。
・なぜコルチコステロン量が減少するのかということについては不明。
・そもそもコルチコステロンが減少しているのは意味不明。HPA-axisの考え方で行くと、コルチコステロンはストレッサー存在下では上昇しているものだと理解していたのだが…。上記論文の結論からすると、コルチコステロンを投与すればサイトカインの作用も減弱し、うつ傾向の行動も見られなくなると思うのだが、そういう実験を行っているのかどうかはよく分からない。
・グルココルチコイド受容体の発現量上昇はsupersensitivityかな。
・でも、個人的にはラットの実験通りだけでは無いと思うのですよ、人間は。人間を特別扱いするのは良くないことかもしれませんが…。
  1. 2009/05/26(火) 21:46:57|
  2. 論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<日常の色々 | ホーム | サイエンスだけではダメらしい>>

コメント

>拍手経由でコメントをくださった方
なかなか解釈が難しいですよねー。
  1. URL |
  2. 2009/05/29(金) 22:51:29 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

ikettieさん、お久しぶりです。

現在、RNA編集・干渉と酸化ストレス、炎症、免疫と例の一酸化窒素の関係するところに注目しています。

PSD95をコントロールする脆弱X症候群の原因蛋白FMRPをコードしている遺伝子がそのCYFIP2がRNA編集を受け、この遺伝子が『アトピー遺伝子が集積しているとされる染色体5q33の遺伝子多型解析から、cytoplasmic fragile X mental retardation protein (FMRP)-interacting protein 2をコードする遺伝子(CYFIP2)のあるハプロタイプが小児発症の喘息と関連していることを発見した。』とか。

また、うつとも関係あるのではとおもう細胞分裂に関係するテロメアがRNA編集に影響されそうなRNA干渉で形成されそうな傍ら、このテロメアのテロメラーゼが幹細胞から分裂した細胞の活性と関係しそうであり、また免疫や一酸化窒素の影響を受けそうなTGF-βに影響される。

また、RNA編集で5HT2Cやグルタミン酸やカイニン酸の受容体、またカリウムチャネルのKv1.1、GABAA受容体alpha3 subunitなども影響される。

このあたりを突っつくと、この題も見えてくるのではないかと。

いつもの浅いところからの感じですが。
  1. URL |
  2. 2009/06/21(日) 22:58:38 |
  3. クニ #212trUV.
  4. [ 編集]

クニさんこんばんは。
相変わらずの知識の量で、感服しております。
癌については(癌についても?)素人なので、適切なコメントができずに申し訳ありません。
ただ、細胞分裂というキーワードから癌とうつについての関係という点はとても面白いと思いました。
  1. URL |
  2. 2009/06/23(火) 20:47:25 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/543-8b73af0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。