日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

浪人博士が企業に就職するには

Yahooのトップにも出ていた記事。

『さまよう「博士」、修了者の25%が「浪人」 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』

 具体的な数値や該当する方々の声については割愛。
 前向きな話であり、ヒントが書いてあるのが「順天堂大学大学院の博士課程でスポーツ社会学を専攻した市川朋香さん(28)」の例。

「研究を通して、自分には分析力、論理力、発表力が身についているのではないか」と。自己の適性に気づき、IT関連のデータ解析会社を受けた市川さんは、すんなり合格。この春から新入社員として元気に働いている。(強調、下線部:引用者)


 重要なのは「何をしてきたか?」ではなく「何ができるのか?」だと思う。勿論「何ができるのか?」という問いの中には「何をしてきたのか?」という問いも含まれている。そして「できる」何かを仕事にするときに、これまでに行ってたことを(ある意味)捨てる必要も出てくる。それが出来ますか?どこまでかは人それぞれ、この例も数少ない成功例の一つかもしれない。ミスマッチばかりと言われればそれまでだが、ある程度現実的な折り合いは付けなければならない。
 「自分のやりたいことをやらなければ意味がない、薄給でもいい」という人もいるだろう。まあそういう人には妥協しているように見えてしまうのだろうな。
 配属が神経では無いと分かった時に「神経じゃないからイヤダ」とは言わなかった(残念ではあったけど)私の意見です。私も神経を「捨てた」と言われればそれまでですが、自分で「捨てた」とは思っていませんし、ましてや無駄だったなどとはこれっぽっちも思っていません。
  1. 2008/07/26(土) 20:25:47|
  2. 博士課程での就職活動
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<うなぎを食べた | ホーム | 地震報道に疑問>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/398-0c429cbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「何が出来るか」を知るための5年間

 暑い日が続いています。家のクーラー,どうも効きが悪いと思っていたのですが,何のことは無い暑すぎるだけのことでした。・・・・・使えねー。  ヤフーニュースにこんな記事。  末は博士も25%浪人の就職難  元ネタはヨミウリオンライン。  今回の記事で
  1. 2008/07/26(土) 23:30:59 |
  2. ある理系社会人の思考

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。