日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水素水?

 ちょっと酔っているのでメモだけ。
『認知症予防に道、水素水が記憶力低下を抑制 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』

 そもそも水素水ってなんだ?というところから始まるわけですが、(学会発表などではなく、)Neuropsychopharmacologyとか言われると本当なのかもしれない、という気になってしまう。
  1. 2008/07/18(金) 23:15:41|
  2. 論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<変な名前のタンパク質 | ホーム | BDNF3'UTRの役割>>

コメント

似た白金ナノコロイドで試しましたので、たぶんうまく行かないとおもいます。

酸化ストレスの低い女性に認知症が多いのは、細胞外の酸化ストレスが下がると
アデノシンが増え、細胞内にはいると代謝され逆にスーパーオキシドが発生する。

スーパーオキシドから過酸化水素、そしてヒドロシキラジカルに。

私の勝手な造語のアデノシン酸化ストレスパラドックスと言っていますが
ステロイドの副作用と同じ状態が出やすくなると。
本当は、これが認知症の原因だとおもっています。

スーパーオキシドの解毒にも水素水が効くとはおもますので、
設定によって結果はかなり振れるのでは。

女性の更年期以後に抗酸化物質が良い結果を出さないのは
あちこちで見かけます。
  1. URL |
  2. 2008/07/19(土) 10:50:46 |
  3. クニ #212trUV.
  4. [ 編集]

kuniさんいつも参考になるコメントをありがとうございます。
個人的にもアヤシイと思ってはいますが、判断するだけの知識が無いので正直なんとも言いようがないです(「活性水素」が溶けている「活性水素水」と同じものだと思っています)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E6%80%A7%E6%B0%B4%E7%B4%A0%E6%B0%B4

 繰り返しになってしまいますが、これが「学会で発表した」だったらアレなのですが、Neuropsychopharmacologyと言われるとちょっと考えてしまいますね。まあこれもバイアスがかかっていると言えばそうなのですが、それなりに信頼できる雑誌かとは思いますので。

 アブストをざっと読む限りはちゃんと実験をしていると思いますが、その水に何が溶けているのか気になります(水素?だけではないと思います)。
  1. URL |
  2. 2008/07/20(日) 08:45:38 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

たぶん、ヒスタミンの前駆体ヒスチジンがポイントになるのかと。

炎症性サイトカインのIL-1などでヒスチジンがヒスタミンに代謝される状態では
一重項酸素の解毒でヒスチジンの費消が減ると記憶の改善になる。
実験の設定もこの場合だと。

ヒスチジンがヒスタミンに代謝されない状態、たぶん認知症はこちらの状態だと
おもいますが、アデノシンが増え、ステロイドの副作用と同じ状態になり、
記憶も落ちると。

ヒスチジンを抑制しそうなメチオニンがうつや統合失調症に早い影響を与える
こともあるようで、ここがそのポイントで見落とされている部分ではないかと。

代謝されると覚醒系のヒスタミン、代謝されないと睡眠物質のアデノシンが
増える、そしてヒスタミンが寄せて頂くきっかけになった性周期・満腹中枢の
腹内側核にも関係し、アルツハイマーでも亢進しているGSK3βとも関係ありそうと
追いかけているところです。

そんなことで、いいかげんな思いこみかもしれませんが。
  1. URL |
  2. 2008/07/20(日) 19:56:13 |
  3. クニ #212trUV.
  4. [ 編集]

 クニさん今晩は(上のコメントではローマ字で書いてしまいました、申し訳ありません)。
 こういうラジカルや酸化還元の話は注目している分子以外の動きも複雑だと思うので、なかなかフォローできませんm(_ _)m
 同じ分子が性周期や認知症などで働く、というのは非常に興味深いのですが、そうなると「いつ」「どこで」「どのように」働いているのかというのが重要になってくるのでしょうね。


  1. URL |
  2. 2008/07/21(月) 22:55:22 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

いつもこちらの世界を持ち込んですみません。

私の周りで水素水と近いとおもう白金ナノコロイドを日々飲まれた
中年の女性のうち、4人中ひとりが金属アレルギー様の肌の荒れ、ひとりが抑うつ、
長く続いた2人で関節痛がで、結局全員止め。

あと一重項酸素の解毒するアスタキサンチンで、閉経したかと思われた女性の
生理がもどりましたが、どうも抑うつ的、他の中年の上で抑うつがでた女性も、
身体が重く、抑うつ的で気持ちの平板化がでて飲むのを止められました。

それらこれらを合わせて、なかなか抗酸化物質は難しいなとおもいましたし、
単純に認知症というのは逆にでるのではと、終わります。
  1. URL |
  2. 2008/07/23(水) 09:43:10 |
  3. クニ #212trUV.
  4. [ 編集]

クニさん今晩は。
単純な「抗酸化」というレベルではやはりだめなのでしょうね。
それでうまくいくようでしたら、それこそビタミンCなどでも認知症を防ぎうることになってしまうのでしょうね。
貴重なコメントをありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2008/07/24(木) 22:55:42 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/393-6bf9d84f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。