日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学振と製本と住居

・先週学振より書類来る。来年度の所属は変わるのでFAX。

・博論の印刷終了、あとは製本と提出だ。

・家が決まった、つくばは安いですね。場所を決めるにあたりSIUさんにアドバイスをいただきました。見ていらっしゃらないと思いますが、ありがとうございます。
 会社にもよるでしょうが、引っ越しなどは全てを自分でする必要がないのですね。色々手配して貰えて助かります、補助(?)も出るみたいだし。こういうものは大学教員も出るのなのですか?例えば東大准教授→京大教授になったときに補助は出るのですか?ということです。こういうのは「給与」として表には出ないが結構大きい。ただ、会社からすれば何の実績もないぺーぺーに投資していることになる、例え額が大したことなかったとしても。「あいつからは回収不能だった」と言われないようにしよう(>_<)*0
 あとつくばに関しては、車が必要なのかということが気になる。できればST号でなんとかしたいのだが、買い物とかは大変ですな…。

・ST号で思い出したのだが、企業は基本的に土日の両方を休むことができるのですよね♪ツーリング行き放題、かと思いきやそうはならないと思う。狭義でも広義でも分野が変わるので*1相当勉強する必要があると思う。

・3月は時間があるのではないかと思ったが結構忙しい。lanzentraegerさんの日記とかをちょうど一年くらい前に見ていて羨ましかった記憶があるのだが、全く余裕がない(>_<)。


*0
会社のスタンスって

「100人のなかから1人でも使い物になれば(100人分を)十分回収できる。残り99人はその1人を邪魔しなければいい」

なのか

「全員が十分に働いてもらわなければ困る」

なのでしょうか?まあ100人中50人が十分働けばいい、などという考え方もあるでしょうけどとりあえずはall or none的に。
 
(かなり記憶がアヤシイのですが)前者は京大理学部の教員が言っていたとか言っていないとか…
「100人中1人天才がいればいい、後の99人は邪魔をしなければいい」
と。さもありなん。
 まあ人件費が発生している以上頑張らなきゃですね。

*1
若干意味不明ですが、例えば「基礎」と「創薬」という意味でも「分野が変わる」ということなので。会社で中枢をやったとしても「分野が変わる」と考えています。

  1. 2008/03/03(月) 23:31:37|
  2. 日常@東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<順位戦最終局と名人戦の希望 | ホーム | ツーリング~奥秩父・塩山~>>

コメント

 連続投稿申し訳ありません。
 会社のスタンスはもちろん「全員働け」ですね。駒として働いてもらわないと困るわけです。人件費が発生するので。ある一定以上の働きをしてもらわないと,おそらくお払い箱ですね。ただ,全員を引き上げる気は毛頭ないのも特徴だと思います。教育機関ではないし,みな平等という発想はあまり見受けられません。外資のほうがそれは顕著かもしれません。

 京大理学部の先生は多分ブロガーですね??私はじかに聞いたことがあります。その時は「掃き溜めの中の鶴」理論でした。「無数の屍の上に天才が一人生まれればそれでいい」というお話だったと思います。企業で同じことをやったら倒産すると思いますが(汗),アカデミックは多かれ少なかれそういった発想はあるかもしれません。
  1. URL |
  2. 2008/03/05(水) 22:58:48 |
  3. ktatchy #rseK1OTg
  4. [ 編集]

ktatchyさん、こちらでもコメントありがとうございます。

>会社のスタンスはもちろん「全員働け」ですね。駒として働いてもらわないと困るわけです。人件費が発生するので。ある一定以上の働きをしてもらわないと,おそらくお払い箱ですね。ただ,全員を引き上げる気は毛頭ないのも特徴だと思います。教育機関ではないし,みな平等という発想はあまり見受けられません。

はい、私もそう思いました。
本文では「まあ100人中50人が十分働けばいい、などという考え方もあるでしょうけどとりあえずはall or none的に。」と省略したのですが、こういう状況では「50人働く人を残して50人を切る」というのが企業の考えだろうなと思いました。実際に解雇するのは日本ではなかなか難しいでしょうが、配置転換など色々やりようはあるのでしょうね(>_<)


>京大理学部の先生は多分ブロガーですね??私はじかに聞いたことがあります。その時は「掃き溜めの中の鶴」理論でした。「無数の屍の上に天才が一人生まれればそれでいい」というお話だったと思います。企業で同じことをやったら倒産すると思いますが(汗),アカデミックは多かれ少なかれそういった発想はあるかもしれません。

誰が仰っていたのかは記憶が定かではなかったのですが、京大理学部の先生でしかもブロガーとは。ではあの先生ですね。実際にお会いしたことがないのですが、言いそうですね…。
  1. URL |
  2. 2008/03/05(水) 23:44:12 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/323-2a694f24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。