日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大卒(院卒)研究職社員の資質

asahi.comより
『大卒研究職社員の資質「期待上回る」は1% 文科省調査』

簡単にまとめてしまうと…
・研究開発をしている企業1791社が対象、896社(50%)から有効回答。
・研究者の資質を学歴別に尋ねたところ、「期待を上回る」は、学士が1.0%、修士課程修了者で1.4%、博士が2.6%、ポストドクター(任期付きの研究職などに就いている博士)が2.2%。
・「ほぼ期待どおり」は60%前後。「期待を下回る」とした割合は、学歴・年齢が高いほど低く、修士では約26%、博士約15%、ポスドク約8%だった。
・期待を下回る理由…学士では「基礎教育の内容・方法が不十分」が最も多く、修士や博士は「企業ニーズに無関心など企業研究者としての自覚に欠ける」が最多だった。

以下簡単に感想を…
・「ほぼ期待通り」が最も多いということから、企業に勤めている修士・博士・ポスドクの方々はそれなりに能力を発揮しているのかな。
・しかし、「期待上回る」はかなり少ない。
・「期待を下回る」は「ほぼ期待通り」に比べればかなり少ないのだが、「期待を上回る」に比べればかなり多い。
・「期待」というものの程度が会社によっても違うだろうし、色々不一致もあるのかもしれない。一概に「能力が…」というような話では無いと思う(「色々」が何なのかは良く分からないけど「全て含めたもの=能力」とか言われてしまったら仕方がない…)。
・学歴・年齢が高いほど「期待を下回る」が少ない、という事からは大学(院)の産業界に対する役割(人材育成・輩出?)は一定の成果を得ているのでは。特に企業のポスドクに対する評価は高いと思います。枠が狭いので、本当に期待に沿う様な人材だけを採用しているのかもしれないけど。それでも、ニーズに合う人材なら採ろう、と企業は考えているのだろう。
・修士、博士…「企業ニーズに無関心など…」というのはアカデミアに染まってしまうと仕方がないのかもしれない。ただ自分が生きていくためにはその辺りの思考の枠組みを変える必要があるのだろう。
・学士…「基礎教育の内容・方法が不十分」というのはある意味仕方が無い。学部生ではなあ…という気もします。ある程度を求めているのならば修士以上でないと、と思いますが。それとも学部で大したレベルではないのは仕方が無い、という考えはゆとりなのか?
・博士の15%程度が期待を下回る…6、7人に一人位ですか、頑張らねば(>_<)
  1. 2007/10/27(土) 20:13:33|
  2. 博士・ポスドク問題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<SfNの季節だ | ホーム | ポアンカレ予想が解かれた>>

コメント

反対から見ると

ブログのほかのページをきちんと見たわけではないので、通りすがりの一言ですが。
私は修士卒で某製薬企業で研究職してますが、「研究」と「薬作り」とのバランスが難しいです。
文科省の調査は、この業界だけでないので、なんとも言いませんが、画期的な「研究」にこだわると役立つ「薬」にはならないというのが日々の悩みです。
もっとも、本当のファーストインクラスでは、それらが両立してます・・・・が「研究」に長けた人がそればかり狙うと、ホームラン狙いになり、打率が下がって、役に立ちません。
人事部は、「即戦力」を求めているのでしょうが、それは99.9%無理だと思います(千人に一人くらいはいるでしょうが)。

10年勤めてひねくれているのでしょうが、他人のせいにすると、製薬企業では社員全体を「基礎研究」と「企業としての薬作り」をバランスよく配置し、それぞれにモチベートできる優秀な経営者がいればいいのだと思います。

いわゆる大手企業の社員に「あなたの会社の経営者は期待通りですか、期待以上ですか?」と質問すると、今回の結果と似たり寄ったりか、それ以下になる気がしますが・・・

この業界、これから激動の10年、という感じですががんばりましょう。
  1. URL |
  2. 2007/10/28(日) 03:46:29 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

通りすがりさん始めまして、コメントありがとうございます。

私の考え方が、現時点では、「本当にファーストインクラス」に偏っているかなと思われます。
おそらく、私だけでなくアカデミアの考え方としてそのような傾向があるかと思いますが。
ただ仰るとおり、それだと打率が下がってしまい企業としては役に立たないのですね…。
その辺りの「ズレ」のようなものがアカデミアと企業の壁かと思います。
そういう「意識」を少しずつシフトできればと思います(どちらも良いところがあると思うので上手く両方取り入れられれば良いのでしょうが)。

「研究」と「薬作り」のお話や「配置」のお話など、当たり前のなのかもしれませんが、今の私には「目からうろこ」でした。
貴重なご意見ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2007/10/28(日) 21:33:55 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/219-ddb49727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。