日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ポアンカレ予想が解かれた

 相変わらずタイムリーには書けないのですが、2007年10月22日NHK放映のポアンカレ予想についての番組を見ました。予告を見て、見ようと思っていたのですが、失念していました。家に帰ったら放送していたのに気づいたので途中からでした。

 高校時代は数学が好きだったのですが、大学での数学は全くの別物でした。驚きと言うか戸惑いと言うか、それも懐かしい。
 それはともかくとして番組の内容は、おそらくかなり単純化しているので、途中からでも十分楽しめました。ただちゃんとは覚えていません…。
 ktatchyさんが『ある理系社会人の思考 : 『ポアンカレ予想解決』の疑問』にて詳しく書かれています。
 印象に残ったフレーズがありました。

番組に出ていた数学者曰く「我々は彼(証明者)の証明を聞いて,ポワンカレ予想が解けてしまったことに落胆し,ポワンカレ予想が位相幾何学で解かれなかったことに落胆し,そしてその証明が全く理解できないことに落胆した」のだそうです。
(下線部は引用者)


 理解できないのにどうして証明が正しい(予想が解けてしまったことに落胆…)と判断できたのかな、とか野暮なことも考えてしまいましたが…(^^;)

 他に興味が持てたのは解いたペレルマンさんがその後ひきこもって(?)しまったところです。敢えて世間から遠ざかっているのに取材するのもいかがなものかと思いますが、野次馬としては気になりますね。賞金の百万ドルも受け取らず、母親の年金で暮らしているとのことです。

『グリゴリー・ペレルマン - Wikipedia』より

(略)
以上のようにほとんど人前に姿を見せないなど一風変わった人物であるが、元々は快活で社交的な人物でありポアンカレ予想の証明に取り組み始めてから他人との接触を避け、内に籠もるようになったといわれる。
(略)
(ソースはこの番組みたいですね)


 ペレルマンさんが問題に取り組み、解いた果てに何が見えたのか気になります。いや、もちろん今自分に見えている風景も自分にしか見えない風景なので、分かりえない、と言われたらそうだとしか言いようがないのですが。


 受験の時に『大学への数学』という雑誌を購入していたのですが、その時に残った言葉がありました。もう十年くらい前(!)ですが、ハッキリと覚えています。ググってみたところ、でてきました。便利な時代です。こちらから。

 以前、大学の数学科に進んだ生徒で、「息を吸うように数学をしたい」と言った人がいましたが、蓋し名言ですね。
(下線部は引用者)


 本来学問というのは内から出てくる、自然なものがdriving forceになるのかもしれない。

ペレルマン「自分の証明が正しければ賞は必要ない」


のような(ちょっと違うか…)。論文論文、お金お金、というものではなく。ただそれだけでは研究を進めることが出来ないのも事実(例えば実験科学は事実、お金がかかります)。ま、こういうことを忘れずに研究できれば良いのだろうが何を目的にしているのかと言われると若干耳が痛い(>_<)


 理解できるような能力を持ち合せていないのに興味あったので、結局「解かれた・解かれない」という点だけに目が行ってしまいました。以下は以前読んだもの。その時々は興味深く読んだ気がしたのですが、内容は…ということでおそらく理解できていなかったのでしょう。

『ポアンカレの贈り物―数学最後の難問は解けるのか (ブルーバックス)』

BREAKTHROUGH OF THE YEAR:The Poincare Conjecture--Proved
Science. 2006 Dec 22;314(5807):1848-9.
Mackenzie D.

ポアンカレ予想が解かれた!(かも)
ポアンカレ予想が解かれた!(かも・その2)
  1. 2007/10/26(金) 23:14:18|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<大卒(院卒)研究職社員の資質 | ホーム | 協和発酵とキリン>>

コメント

 記事の印象,ありがとうございました。
 件のセリフですが,確かに矛盾がありますね。ペレルマン氏はインターネットに『ポアンカレ予想の解決』に関する論文を流したそうです。こういうことはよくあるらしく,最初は誰も信じていなかったそうなんですが,「どうも間違いが見当たらない」という話になり,「じゃあ筆者を呼んで実際に証明を再現してもらおう」ということで,実際に黒板を使って証明が為されたわけです。で,その場に居合わせた位相幾何学の学者達は,件のセリフのような強烈な印象を受けたってわけです。
 研究自体は「仕事」だと私は思っています。お金が発生しているし,職業ですからね。しかし,どこに充実感を得るか,何の為に研究の道を選んだのか,と問われれば答えは大きく違ってきます。お金だけなら,他の職業のほうが絶対割に合っていると思いますし(苦笑)。
 なので,「何の為に」っていうことは人それぞれでいいんじゃないでしょうか。「これだ」って答えはないと思います。しかし,何かポリシーがないと,特に企業では「研究者」としてやっていくのは難しいと思いますよ。いつの間にか「ただの実験者」になること請け合いです(いいのか?)。
  1. URL |
  2. 2007/10/27(土) 20:35:40 |
  3. ktatchy #rseK1OTg
  4. [ 編集]

ktatchyさんこんばんは。

自分達が取り組んでいたものを、全く違うアプローチで解かれてしまった時の事を想像すると位相幾何学の学者さん達の驚きを想像するのは難くないですね。
相当の衝撃だったのでしょうね。

確かに目的と言うのは人それぞれで良いですよね。
「決まりきったもの」が個々人のモチベーションになりえるわけなんて無いですし。
ただ、その「ポリシー」が無いと右から左へと日々の実験を流すだけになってしまうのですね…。
強く意志を持たないと日常に埋もれてしまいそうです。

まだ勤め始めてもいないのに若干弱気だ(^^;)
  1. URL |
  2. 2007/10/28(日) 21:31:45 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/217-787f9bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポアンカレ予想 解説

[memo]ポアンカレ予想っていつの間にか証明されてたんだねポアンカレ予想 2006年フィールズ賞を拒否したグレゴリ・ペレリマン アンリ・ポアンカレ 位相幾何学(トポロジー) 穴の数 ドーナツとコーヒーカップは同じ形 スティーブン・スメール ウィリアム・サーストン サ
  1. 2007/10/27(土) 00:13:15 |
  2. 暇でつまんない時に。。。

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。