日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2007年度ノーベル医学・生理学賞

 相変わらずタイムリーには書けず、若干出遅れた気がしますが…。
CNN.co.jp『ノーベル医学生理学賞、遺伝子操作研究の3氏に』などを参考にしたところ、受賞されたのは

・イタリア出身米国籍でユタ大学教授のマリオ・カペッキ氏(70)
・英国出身で米ノースカロライナ大学教授のオリバー・スミシーズ氏(82)
・英カーディフ大学教授のマーチン・エバンス氏(66)

のお三方。

 授賞理由はgene targetingらしいです。評価する立場にはないですし、恥ずかしながら個々人の業績は良く知らないのですが、文句は出ない授賞理由でしょう。むしろRNAiよりなぜ後なのかと思ってしまうくらいです。

 そういえば『50年でノーベル賞30人』計画はどうなってしまったのでしょうか?まあこういう下らない数値目標などというものは無くなって良いと思います。
  1. 2007/10/11(木) 22:52:53|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<第5回 「『博士の生き方』座談会 in 広島」 | ホーム | 痛覚のみを抑制する局所麻酔>>

コメント

私も同様の疑問を持ちました。ひとつ思うのはノックアウトは時間と費用がかかる作業ですので(友人の愚痴を何度か聞いたことがあります),そういう観点で比較すると,RNAiの登場がもたらした分子生物学へのインパクトの方が上だったのかもしれません。RNAiの場合は,新規のシグナル伝達系の分野も切り開いていますし。だからといって,私はノックアウトの存在を貶めているわけではないですが。
50年で30人。それを言ったときから頑張るってことなんですかね。僕は未だにこの目標が意図することがわかりません。ご高齢のノーベル賞候補者は国内に結構いるようにも思いますが,若い研究員がいまから目指すとなると相当ハードルが高いようにも思えます。
  1. URL |
  2. 2007/10/11(木) 23:14:02 |
  3. ktatchy #rseK1OTg
  4. [ 編集]

ktatchyさんコメントありがとうございます。
確かにノックアウトを行っている人は大変そうですね。
ただ、ノックダウン効果が得られ、早い、安いなどと言う点だけではいまいちアンチセンスとの区別がついていません…。
おそらく、仰る「新規のシグナル伝達系の分野も切り開いて」というのも大きいのかな、と思います。
RNA研究は本当にホットですしね。
勿論、先だからより優れている、後だからより劣っている、と言うようなことではないのでしょうが。

50年で30人について…。
賞を取ることを国が目標にしている時点で終わっている気がします。
ちょっと調べてみたら、これは21世紀前半で30人ということみたいですね。
現在7年間で3人なので単純計算だと20人位は取れそうです。
もっとも、2002年が最後と言うのが…。

あと43年…生きているのかな(^^;)
  1. URL |
  2. 2007/10/12(金) 19:15:09 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

確かに「早い」「安い」だけでは「アンチセンスとの違いは何?」って気がします。ただ,アンチセンスに比べるとかなり「早くて安い」ようです。ベクターを使わないRNAi法(オリゴRNAを直接細胞にインジェクションする)と比較すると,技法という点では差がない気はしますが,より簡便な方法であったからこそ,高等生物に利用可能であることが明らかになって数年で爆発的に拡がったのでしょうね。
余談ですが,この技法が爆発的に広まったせいで,最近はoverexpressionのみの論文は余程のことがないとメジャー紙にアクセプトされないようになりましたね。「ノックダウンしろ。その効果で判断する」というコメントを何回か見ました・・・・。抗体が安く作れるようになったから,こんな現象も起きているのでしょうけど。経験的に「ノックダウン出来ないものは出来ない」という気がしますが。
  1. URL |
  2. 2007/10/15(月) 01:27:00 |
  3. ktatchy #rseK1OTg
  4. [ 編集]

>ktatchy さん

アンチセンスと比べても早くて安いということは知りませんでした。
その辺も併せて広まったのでしょうね。

確かにoverexpressionだけの論文は見ないですね。
病気がらみの変異体を発現させるのは良く見ますが、そのような仕事にしても色々細かく調べてありますし、loss of functionならノックダウンもしている気がします。

結論の確度が上がるのは読む側にとってもありがたいことだと思います。
ただ「安い」と言っても研究費が潤沢ではない研究室からするとまだまだ高いです…。

  1. URL |
  2. 2007/10/15(月) 20:30:00 |
  3. ikettie #OZLGmE/2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/203-f15d608e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。