日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒトの単為発生

 Yomiuri Onlineより

 論文捏造の黄・元教授、ES細胞作製は世界初の方法だった
 論文捏造(ねつぞう)で失脚した韓国ソウル大の黄禹錫(ファン・ウソク)元教授らによる、ヒトクローン胚(はい)からの胚性幹細胞(ES細胞)は、実は「単為発生」でできた胚から作製したものだったことが、日米などの研究チームによって確認された。
 米医学専門誌電子版で3日、発表した。
 単為発生によるES細胞の作製は世界初で、難病の治療に新たな道を開く成果といえそうだ。
 単為発生は、卵子が精子と受精していないのに、受精卵のように細胞分裂する現象。この方法で、さまざまな臓器の細胞などになる可能性を秘めたES細胞が作製できれば、卵子提供者には、移植しても拒絶反応が起きない。
 研究チームは、黄元教授らが作製したES細胞のDNAを詳しく解析。その結果、ES細胞は、卵子が刺激によって細胞分裂する単為発生によるものだったことがわかったという。

(2007年8月3日23時0分 読売新聞)


 門外漢でよく分かっていないのですが、ヒトで単為発生ってことですよね(in vitroとはいえ)!?上手い例えが思いつかない(瓢箪から駒?)けれど思わぬところに発見があるものですね。黄教授もそっちを発表すればよかったのに、と思わなくはないですが。月田承一郎先生著書の中で仰っていたような「目」(正確な表現は忘れてしまいました)が無かったということなのかもしれませんが。


 単為発生に関して、実験的にはマウスで三年前に報告されています。Adultまで育つというのもポイントなのでしょうか?

Birth of parthenogenetic mice that can develop to adulthood.
Kono T, Obata Y, Wu Q, Niwa K, Ono Y, Yamamoto Y, Park ES, Seo JS, Ogawa H.
Nature. 2004 Apr 22;428(6985):860-4.

 生まれてきたマウスの名前は確かkaguya。かぐや姫になぞらえたとか・・・。でもかぐや姫には父親だけでなく母親もいない。どうせならキリストみたいな名前にしてしまえばいいのに、と思いましたが流石にまずいのでしょうか。

 さらに無知を晒しますが、こういう研究は全て卵細胞で行われていると思うのですが、精子ではできないのですか?いや、「卵子提供者」は全て女性なので精子でもできないのかな、と思っただけです。

 と思ったのですが、体細胞からもできそうだということらしいですね。
 Wikipediaの胚性幹細胞から

体細胞からのES様細胞の樹立
2006年8月25日の科学雑誌Cellに京都大学再生医科学研究所の山中伸弥らによる論文が発表された。論文によると山中らはマウスの胚性繊維芽細胞に4つの因子(Oct3/4,Sox2,c-Myc,Klf4)を導入することでES細胞のように分化多能性を持つ細胞(induced pluripotent stem cell,iPS細胞)を確立した。ES細胞マーカーの発現量や分化条件などにおいてES細胞と異なる点があり更なる研究が必要だと思われるが、ES細胞に代わる細胞として大きな注目と期待を集めている。


元論文はこれですね。

Induction of pluripotent stem cells from mouse embryonic and adult fibroblast cultures by defined factors.
Takahashi K, Yamanaka S.
Cell. 2006 Aug 25;126(4):663-76.

今後に期待です。

070820記
関連記事あり。
「単為発生」
  1. 2007/08/09(木) 20:11:36|
  2. 論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アンジオテンシン変換酵素とアルツハイマー病 | ホーム | BDNFのSNP産物(BDNFVal66Met)と不安行動>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/146-e03d2010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。