日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンジオテンシン変換酵素とアルツハイマー病

 J. Neurosci.の最新号から。

Angiotensin-Converting Enzyme Converts Amyloid β-Protein 1-42 (Aβ1-42) to Aβ1-40, and Its Inhibition Enhances Brain Aβ Deposition
Kun Zou, Haruyasu Yamaguchi, Hiroyasu Akatsu, Takaaki Sakamoto, Mihee Ko, Kazushige Mizoguchi, Jian-Sheng Gong, Wenxin Yu, Takayuki Yamamoto, Kenji Kosaka, Katsuhiko Yanagisawa, and Makoto Michikawa
J. Neurosci., August 8, 2007, 27(32):8628-8635

 アブストしか読んでいませんが
1. ACEがAβ(1-42)→Aβ(1-40)のconversionを行っている。
2. ACE阻害薬(captopril)をTg2576 mouseに投与するとAβの沈着が増える。
 という二点について論じているのだと思う。PubMedを漁ると類似の報告がいくつか(angiotensinとalzheimerと入れるだけで結構出てきます)。

Amyloid beta-protein is degraded by cellular angiotensin-converting enzyme (ACE) and elevated by an ACE inhibitor.
Hemming ML, Selkoe DJ.
J Biol Chem. 2005 Nov 11;280(45):37644-50.

 タイトルしか見ていません。Aβ(1-40か1-42かは不明)はACEにより分解される。またACE inhibitorによりAβの量は増える。

Angiotensin-converting enzyme degrades Alzheimer amyloid beta-peptide (A beta ); retards A beta aggregation, deposition, fibril formation; and inhibits cytotoxicity.
Hu J, Igarashi A, Kamata M, Nakagawa H.
J Biol Chem. 2001 Dec 21;276(51):47863-8.

 これらの三報について、方向性は一致している。すなわちACEがAβの毒性を弱める方向に働く。従って、ACE阻害薬はアルツハイマーのリスクを高める可能性がある、かもしれない。

 しかし特に作用は無い、と論じている論文もある。

Effects of prolonged angiotensin-converting enzyme inhibitor treatment on amyloid beta-protein metabolism in mouse models of Alzheimer disease.
Hemming ML, Selkoe DJ, Farris W.
Neurobiol Dis. 2007 Apr;26(1):273-81.

 これもAD model mouseに対し、captoprilを投与したが、Aβの量や沈着には影響が無いという報告。


A pilot clinical trial of the angiotensin-converting enzyme inhibitor ceranapril in Alzheimer disease.
Sudilovsky A, Cutler NR, Sramek JJ, Wardle T, Veroff AE, Mickelson W, Markowitz J, Repetti S.
Alzheimer Dis Assoc Disord. 1993 Summer;7(2):105-11.

AD患者にceranaprilを投与しても有意な変化は観察されなかった。


 その一方で『アルツハイマー病の予防と治療』より

Ohruiら7)は同じ降圧薬でも,脳血液関門を通るACE阻害薬(ペリンドプリルエルブミン,コバシル)を用いたところ,Ca拮抗薬,脳血液関門を通らないその他のACE阻害薬,b拮抗薬や利尿薬に比べてADの発症を1/4に減少させたと報告した.


 コバシル…ペリンドプリルエルブミン
 参考文献がPubMedでは見当たらなかったのですが、これはACE阻害薬効がアルツハイマーの発症を抑える、という話ですね。このあたりのdiscrepancyについて色々可能性は考えられますが、結局結論は「まだ分からない」、ですかね。


 全く関係ないけれどScienceの最新号から。ちゃんと読んだら書くかもしれません。

High-Speed Imaging Reveals Neurophysiological Links to Behavior in an Animal Model of Depression.
Airan RD, Meltzer LA, Roy M, Roy M, Gong Y, Chen H, Deisseroth K.
Science 10 August 2007:Vol. 317. no. 5839, pp. 819 - 823

 タイトルと(さらっとしか見ていない)図からも凄さが伝わってくる。
 Deisserothについては『potasiumchの日記』の「光を当てて細胞活動をON/OFF」に書いてありました。私の中ではこちらこちらの様な仕事の印象が強いのですが。
 いま気づきましたがpotasiumchさんのところで書かれている、この光のシステムと以前書いた「細胞種特異的な抑制」のシステムとはcompeteするものなのかな。まあgeneticalに、ある特異的なpromoterで走らせる場合とtransfectionをする場合では用途が違うこともあるのでそれぞれの特性を上手く使い分けることは可能。結論としては「両方欲しい!?」。しかしトランスジェニック(NN)の方は結構手間がかかる…。
  1. 2007/08/10(金) 22:29:00|
  2. 論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中枢神経系への低分子干渉RNAの経血管的送達 | ホーム | ヒトの単為発生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ikettie.blog80.fc2.com/tb.php/145-04d5b63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。