日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~

その他ダイエットや就職活動記など色々な出来事の備忘録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ドロップアウト」

 ただの月末というのみならず、上半期の終わりということもあり多忙を極めています(←言いすぎ)。いつもにまして雑多な文章で…。


『大学院を中退しました。 』(via『ある理系社会人の思考 : 大学院を活用すべき』)
 筆者が仰るようにこういう文章(自分が書いたものも含めて)は主観が入りがちだが、読む限りではそうでもないと思う。

人生まだまだ60年近くあるこの身において、私は大学院をドロップアウトしたことをカミングアウトします。
(強調、下線は引用者)


 あくまでも大学院であって人生ではないという点が同感(「私は多くの社会人の方と話す機会を設けて頂き、社会では研究職だけが楽しい職業では無いことを知りました。」という文章が書けるくらいなので到底ドロップアウトではなく、むしろ、結果としてはサクセスフルなのかもしれない)。


 また同じ修士卒の資格を取るという点では楽な研究室もあります。
学校に来て友達とだべり、実験をしながらニコニコ動画を見て、
夜はプロジェクターでWiiをすると言った感じです。
そこの研究室は教授が研究室は遊べるところと言ったそうです。


 こういう研究室が存在するのは驚きだが、これでも卒業したらみんな「修士」 。でも質の違い(色々自分で考えたりするからね)は必ず生じる。それ自体は間違いない。ただし、社会で渡り歩く(?)能力というのはそれだけではないとも思う。むしろ研究しか見えていない、一種の「研究バカ」の方が社会ではうまくいかないことが多いのではないかな。それを踏まえた上で研究に没頭する、いや、没頭できるのは贅沢なことだと最近思う。


 「ドロップアウト」という単語をどこかで使ったな~、と検索してみたら、以下の2つの文章が出てきた。

『日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~ キャリアの選択肢』
『日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~ アカデミアと企業就職』

 これらの文章の本文に貼ってあるリンク先には秀逸な記事が多数あるが、状況としては結局あまり変わっていないということなのかな。 
スポンサーサイト
  1. 2008/09/29(月) 20:33:14|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

深浦王位が防衛

 まさかヤフーのトップに見出しが出るとは思わなかった…。いずれリンクが切れてしまうのでここでは時事通信へ。
『時事ドットコム:深浦王位が初防衛=将棋王位戦』

 将棋自体は素人にはちんぷんかんぷんです。まあこれを理解できる人はそうはいないのでしょう。それはともかく、羽生四冠の勢いからすると来年の2月には七冠かと思いましたが、深浦王位は見事ですね。勢いが途切れるのか、また走り出すのか、竜王戦が楽しみになってきました。

  1. 2008/09/26(金) 22:35:37|
  2. 日常@つくば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

王監督勇退

 王さんがダイエーの監督になった時(厳密には根本監督の時から)ダイエーは注目していました(田淵監督時代は日本にいなかったので特に注目はしていませんでした)。当時のダイエーは、特に1994年が印象に残っていますが、強力打線が売り物だった気がします。松永、カズ山本、トラックスラー、ライマー、秋山、浜名、若井、吉永、小久保…。それに引き替え投手陣が若干イマイチだった気がします。
 しかし、翌年以降は低空飛行が続き、1996年に今は無き日生球場にて世界の王貞治が生卵を投げつけられるという事件が起こった。週刊ベースボールの記事だったと思うが、王監督は「結局結果を出せば理解してもらえる。結果を出さないからいけないんだ」的な話をしていたようなしていないような。その後のホークスは見事日本一にも輝き、生卵は隔世の感がありますが、その時の悔しさがホークスを支えたのではないかと勝手に妄想します。
 そのころに比べると若干弱体化している気がしますが、個人的には井口でも小久保でもなく城島の流出が大きかったのかなと思います。そういえば城島と王監督はダイエーでの「同期」ですね。いまだに現役時代を知る方々にとっては「巨人の王」という印象が強いのかもしれませんが、私にとっては「ダイエーの王」、というよりWBCの印象が強いので「日本の王」というイメージになっています。これからも巨人、ダイエーという個々の球団だけでなく、それを越えた野球界のために働いていただければと思いますが、一番の願いは病気からの回復かな。


 だんだん支離滅裂になってきましたが、ダイエーは弱小球団が強くなる一つのモデルケースであると思うので、久しぶりのAクラスを狙えるカープも復活してほしいものですな。阪神打線の中心が新井、金本やシーツだったのを見て節操がないなあとも思うのでした。


「ダイエー」とか「シーツ」とか、ちょっと時代錯誤ですね。

  1. 2008/09/25(木) 22:49:56|
  2. 広島カープ(+その他野球ネタ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(内心)キレちゃった(´・ω・`)

 現在FLEX勤務で10時~15時だけいれば良いことになっている。実際に10時に行くとどうなるか…は良く分からないけど。
 飛び石連休の谷間、22日は休んでいる人が多いだろうから少し遅くなってもいいだろう。郵貯銀行で諸処の手続きがあるが、平日の昼間しか開いておらず、普段はいけない。これは朝一でGoということでつくばセンターにある郵貯銀行に行った。9時からだが、10時までに出社しなきゃなので8:45についたら二番目だ、よしよし、すぐに手続きを終わらせることができる…と思う。実際9時からすぐに手続きを開始してもらったが、職員の仕事の遅さとお役所的な対応、見事にたらい回しにされ、怒りを越えて呆れてしまった。急いでいることをアピールしても自明の説明をクドクド…ああorz。

財布を無くした後の手続きでも感じたが、みずほ・TSUTAYAなどは非常に丁寧で、少々無理を言っても柔軟に対応していただいた。それに比べ郵貯と警察は…。まあこれで秩序が守られているのかもしれないけれど、硬直化している良い見本だと思った。
  1. 2008/09/24(水) 23:18:33|
  2. 日常@つくば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

統合失調症発症は歯状回の発達不全が原因?

 ごめんなさい、アブストすらまともに読んでいません。読んでもいないクセに勧めるのもいかがなものかと思いますが、Molecular Brainというオープンアクセスの雑誌みたいです。誰でも読めるので是非。

Alpha-CaMKII deficiency causes immature dentate gyrus, a novel candidate endophenotype of psychiatric disorders

 宮川先生のCaMKIIノックアウトマウスでの形態の仕事という理解でいいのかな?昔はうつや統合失調症などは、形態学的な変化は認められないとされてきたが、今では変化があるとされている。Schizophreniaにの形態に関してはreelinが一番有名かもしれないが、それと今回のDGの話は別かな?しかし、結局こういうことを外挿して患者レベルまでを帰納的に捉えるのは結構難しい気がするのでやはり地道な努力が必要なのだろう。いや、別にモデルマウスを否定しているわけではないのですが、このモデルマウスでは説明できないphenotypeも当然多いわけで。”CaMKIIがschizophreniaの(一部の症状を示す)モデルマウスである”という理解でいいのでしょうかね。
 そういう意味では文章がちょっと酷いと思う毎日新聞の記事だが宮川先生の発現を(多分)忠実に掲載している。

宮川教授は「ヒトの統合失調症の一部は海馬の歯状回の未成熟が原因の可能性がある。成熟を促すことができれば治療法として有望だ」と話す。
『統合失調症:脳に未成熟な領域 マウスで確認、治療法開発も - 毎日jp(毎日新聞)』
(下線部は引用者)


 まあDGが未発達な人が全員統合失調症になるわけでもあるまいし、またすべての統合失調症患者のDGが未発達かというとそうでもないだろう。まあでもリスクファクターの一種というか、endophenotypeなのかは良く分からないけど、一歩前進なのかな…?そもそもCaMKIIのdeficiencyによりDGが未発達になるのは何故?やはり読まなきゃですね^^;。
 診断という意味ではこういう「脳の体積の測定」というのはなかなか煩雑な気がする。ベストなのは(極端な話)「唾液に含まれるナントカの成分が多い」とかだとキット化しやすいので楽なのだが、それはわがままな話か。


 書きなぐっただけなので読みづらいですねm(_ _)m
  1. 2008/09/21(日) 22:31:55|
  2. 論文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

更新が滞る

 あ、忘れたわけではないのですが、何かと忙しい(←こんな言い訳を言う大人になるまい、と思っていたのに…)ので滞ります。車選びも佳境に入ってきています。
 9月は上期の最終月だからか、みんな忙しそうです。私も相応に忙しいのですが、自分の欠点だと思うところ(性格的なこと)がモロに出てしまっている感じです。第三者的な視線では、現時点で仕事は滞りなく進んでいるのですが、自分としては結構ストレスがたまっています(自分に対するストレス)。まあ適当に息抜きしながら毎日を過ごしています。
 こういうときは写真でお茶を濁しつつ…。


北19号
  1. 2008/09/20(土) 22:39:08|
  2. 戯言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スタチン生みの親」遠藤章さんにラスカー賞

 遠藤章さんと言えばコレステロール生合成の律速酵素、HMG-CoA reductaseを阻害するスタチンを発見された方として高名。「賞を取ったから評価する」というような風潮だが、遠藤さんの業績については改めて評価するまでもはないと思う。

約6000種類のカビやキノコの中から、体内でコレステロール合成を阻害する物質を73年に発見した。製薬会社が相次いで治療薬を発売し、世界で約3000万人が服用している。遠藤氏は「人への効果の道筋をつけるまで山あり谷ありで、途中で断念しようと思った」と語った。
『米ラスカー賞:心臓病治療に貢献、遠藤氏ら5人に - 毎日jp(毎日新聞)』より


 こういう天然物からの創薬として有名なのは古くはアスピリン、ペニシリンから近年ではFK-506が挙げられるが、スタチンも同程度に有名。ただし、その研究も一筋縄でいかなったこともよく知られている。このあたりに関しては『不確実性のマネジメント 新薬創出のR&Dの「解」』に記されている。
 微生物スクリーニングにより単離された「ML-236B」という物質がHMG-CoA reductaseを強力に阻害することを発見した遠藤ら。その作用をin vivoレベル、具体的にはラットで検証した。

「ところが、中央研究所の動物試験グループがラットで試験を行ってみたところ、なんと、コレステロール低下作用は全く見られなかったのである。(p.34)
(中略)
遠藤は一瞬耳を疑った。そして、次に瞬間、全身から血の気が引くのを感じたという。(p.35)


 ラットだけでなく、マウスでも作用は認められず、社内の動物研究グループは研究の中止を決定した…。そこからのストーリーは見事の一言に尽きる。
 簡略版だが、ネット上でも発見。
http://www.yakuji.co.jp/contents/yakugakusei/2007/g000008_20070501_p11.pdf


 上述のML-236Bを三共内で改良したもの。イヌの尿中に代謝物として出てきているらしい。一般名pravastatin、商品名はメバロチン。命名についてはよく知らないのだが、「メバロン酸」と「スタチン」を組み合わせたと推察。









 スタチンの基礎研究に興味をもったMerckの研究者達も創薬を始めた。実際のFirst in classは三共のメバロチンではなく、lovastatinらしい。構造が非常に似ているように見える。










 Merckが自社内でさらに改良を行い、創製されたのがsimvastatin (商品名Zocor、日本ではリポバス)。かつては売上高世界一の薬だったが、現在は特許切れ。








 これだけは構造がまったく違うのだが、作用機序は同じ(とされている)。Simvastatinがかつての売上世界一ならこれは現在の売上世界一。一般名atorvastatin (商品名リピトール)、現在はPfizerの薬だが、研究開発はワーナー・ランバート。あと2年位で特許切れ。


スタチンはコレステロール降下薬として万能な印象を受ける。しかし…
『日々の戯言~研究とか薬とかST250とか~ 薬の効き目と科学の不確実性』に少しだけ記載したが、疾患の治療としては不十分。NNT(治療必要例数)が100を越えることを「実際に効くか効かないは、現時点では、まだ試さないと分からないとしか言い様がないのだと思う。」と表現しているが、この場合にはほとんど「効かない」と評しても良いのだろう。一つは、疾患のバイオマーカーとしての「コレステロール」に限界が来ているのだろうが、これはまたいずれ…。

 「コレステロールを下げる」ということに関しての創薬は既に熟成しているという話を誰かに効いたが、実際の治療に関してはマダマダですね。

  1. 2008/09/15(月) 15:35:53|
  2. 薬・製薬会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

化合物を含む米

 食の不安が話題になっていますが、餃子は国内が原因ではなさそうだが、米は国内が原因の様子。特に挙げられていたのが以下の二種類の化合物。


 アセタミプリド。ニコチン性アセチルコリン受容体の結合し、神経伝達を遮断するそうだ。さらなる機序については調べていないので不明だが、ツボクラリンやスキサメトニウムと同じようなphenotypeを示すのだろう。


 アフラトキシンB1。P450により変換され、DNAに共有結合し、癌を引き起こすらしい。Wikipediaによると「地上最強の天然発癌物質」らしい。おお怖い。


『九州、茨城菓子業者に流通 三笠フーズの汚染米 』

茨城県はせんべい業者で、8月に賞味期限が切れており、店頭に残っている可能性は低いという。この問題で菓子業者への流通が確認されたのは初めて。


((((;゜Д゜)))
  1. 2008/09/09(火) 22:49:03|
  2. 薬・製薬会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

企業の社会活動

 かなりテンションが低いです。こういうときに何かを書いてもいつも以上にnegativeになるので書かないのが吉なのかもしれません。たまたま目には行ってきたニュースでpositiveトーンになれそうなものがありました。

『アステラス製薬、9月9日(救急の日)に救急自動車を寄贈』

 まあ紹介だけして、特に何かを論ずるつもりはないのですが、こういうことはどんどん紹介していきたいと思います。
  1. 2008/09/08(月) 22:50:29|
  2. 薬・製薬会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

毎年行ってるあの場所へ

 STを購入して約2年半、5ヶ月で100kmも走れない時期もあれば10日で3000km走った時期もありました。関東を中心に色々出かけていますが、毎年ツーリングに行っている場所が二ヶ所あります。今年はどちらも行っていなかったのですが、片方は今日行ってきました(・∀・)。

ヒント1(分かるわけないよね^^;)





ヒント2
これも分かり辛いかな。「東京とつくばから日帰り圏内」という条件付きでも、自分だったら分からないだろうなあ。



ヒント3
自分だったらこれで分かるかな。
[毎年行ってるあの場所へ]の続きを読む
  1. 2008/09/06(土) 22:20:54|
  2. ST250
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大麻の何が悪い?


 大麻(マリファナ)はアサの花や茎を乾燥し、刻んだものらしい。その作用を示すのは主にテトロヒドロカンナビノール。もちろんカンナビノイド受容体を作動することによりその作用(効果?)が得られるのだろう。勿論その類のものを使用したことはないのだが、きっと気持ちいいんだろうな、と想像されます。
 依存性はそれほど強くないらしく、とある論文*1によるとたばこやアルコールよりも弱いらしい。どうしてやめられないのかな、と素人的には思ってしまいますが、簡単にやめられるような人なら最初から使用しないか…。

*1
Hall, W., Room, R. and Bondy, S. Comparing the health and psychological risks of alcohol, cannabis, nicotine and opiate use. In: Kalant, H., Corrigal, W., Hall, W. and Smart, R. eds. The Health Effects of Cannabis. (pp 475-506). Addiction Research Foundation, 1999..


・追記…結局「何が」悪いのかは書いていないや(^^;)
  1. 2008/09/04(木) 23:06:10|
  2. 薬・製薬会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

塩野義製薬が買収

『塩野義製薬買収 生き残りへ米進出 : 経済 科学 ピックアップ : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)』

 塩野義は就職活動の時に受けませんでした。会社を選ぶ際に色々と優先順位をつけますが、とある条件がどうしても飲めなかったため、応募すらしませんでした。企業研究とかもしていないので、正直よく分かっていないことが多いです。大学院に寄付講座があって、SONGとか表のドアに書いてあったのを覚えています。ShiONoGiでSONG。

・塩野義製薬が米製薬会社のサイエル社を買収するのは、出遅れていた米国で販売体制を整えるのが狙い
・塩野義の海外事業は連結売上高の1割以下にとどまる。

記事の中で出ている抗肥満治療薬は、『開発中の新薬-塩野義製薬』を見る限りはS-2367でしょうか。Neuropeptide Y receptor antagonistらしい。

・塩野義が米国の販売網を維持するには、営業部隊の人件費など多額の費用が必要だ。「順調に新薬を開発できるかどうかが、今後の業績を大きく左右する」(証券アナリスト)という。

 こんなこと分かっているよ、わかっちゃいるけど簡単じゃないんだよぅ(>_<)まあ今日はこんなところで。


 
  1. 2008/09/03(水) 22:57:20|
  2. 薬・製薬会社
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ikettie

Author:ikettie

・博士号(薬学)取得後、とある製薬企業の研究者になりました。
・大学と企業の違いに戸惑いながら日々の思考の変化を追っています。
・コメントお待ちしております。
・初めての方はこちらへどうぞ(070824改編)
・検索エンジンから「ST250」でいらした方はこちらへどうぞ

・ツーリングの目次はこちらです。
・トップ画像の拡大写真はこちら。2010年5月3日@萩ユースホステルからの夕日です。夕日を見送るのが好きなので、良くツーリング先で夕日を見送っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

リンク: アカデミアの人々

リンク: 企業の人々

リンク: 医薬関係

リンク: ST250関連

リンク:ツーリング関連

個人的リンク

カウンター(since 2007.03.28)

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ClustrMaps

Locations of visitors to 

this page

あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ご意見・苦情など

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。